英文法の横のつながり1 ~プロ家庭教師のこだわり~

英語見直し工房では、英文法の横のつながりを大切にしています。

「横のつながりとは」一体何か?

「名詞」 の横のつながりを例にご説明します、

【問1】下線部は「不定詞の何用法」でしょうか

I like to study.

【問2】下線部のingは「進行形ではなく何という文法事項」でしょうか

I like studying.

英文法の横のつながり(例:名詞)

名詞の働きはいくつかありますが、その一つに、文の中の目的語(※)としての働きがあります。


※目的語とは

動詞の動作や気持ちの対象・相手と考えておいてください。動詞の後ろの「~を」にあたる部分と考えておくと理解しやすいです。


例) I like dogs. 「私は犬を好みます」

目的語(=「~を」) は 名詞のdogs(=「犬を」)です。

* わかりやすくするため、わざとぎこちない訳にしています。

【問1】

I like to study. 「私は勉強することを好みます」

目的語(=「~を」) は 不定詞の to study(=「勉強することを」)です。

【問1】の答え ⇒ to study「勉強すること」は「名詞用法」の不定詞です。

中学校の時に習った「~すること」と訳すからではなく、名詞を置く位置(今回は目的語)に不定詞を置いているから、名詞用法と呼びます。

【問2】

I like studying. 「私は勉強することを好みます」

目的語(=「何を」) は  studying (=「勉強することを」)です

【問2】の答え

この~ingは、名詞を置く位置にあるので名詞の仲間で、「動名詞」です。

しかし例2の名詞用法の不定詞と同じく、「~すること」と訳すからではなく、名詞を置く位置(今回は目的語)に~ingを置いているから、名詞を呼びます。

英文法の横のつながりを考えて覚える

上記の問題のように、名詞・不定詞の名詞用法・動名詞には、「目的語の働きをする」という「横のつながり」があります。

一つひとつを別々に覚えるのではなく、「横のつながり」で整理をしながら覚えてゆくことは、膨大範囲の大学入試にはとても大切だと考えます。

そして 違いは何か?も 同時に覚えてゆくことも必要だと考えます。たとえば、今回の例で to study と studyingは共に目的語の働きで、意味も同じ「勉強すること」でした。

では、この二つは常に書き換えることができるのでしょうか?

このように、つながりと違いを認識して英文法を学んでゆくことが、その後の成績の伸びに不可欠だと、私は考えています。

タイトルとURLをコピーしました